作者別: admin

格安スマホを完全解説!楽天モバイルの評判口コミまとめ

格安スマホを完全解説!楽天モバイルの評判口コミまとめ

楽天の格安スマホの月額料金と解約

楽天モバイルの料金プランはどういうものなのかご紹介していきます。今のスマホの月々の料金と比べながら、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。さて、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる262.5Mbpsのプランです。楽天モバイルで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

2年縛りは?

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、手数料として9800円払わなければなりません。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

速度について

楽天モバイルでは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。スピードについては、docomoの回線なら、安心の速度と信頼できますね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの72時間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしていました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定された容量をオーバーした利用者に対して、今までより遅い低速通信に制限されていたのですが、この忌まわしき72時間制限が廃止となりました。つまり、楽天モバイルには、直近72時間のデータ通信量を気にかける必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。現在非常に人気があるのは、月々1250円で使えるスマホです。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoエリア対応の格安SIM・格安スマホ

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモの多くのスマートフォンは、そのまま楽天モバイルの端末としてご利用いただけます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。楽天モバイルは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

格安スマホの機種が豊富で嬉しい

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルで購入可能なスマートフォンは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ唯一の欠点として、端末代金を分割払いにするときには楽天カードが必要となることです。本体の購入のときに楽天カードがないと、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

容量の翌月繰越しにも対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。そんな時もおまかせなのが楽天モバイルでありまして、
次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。価格の安いサービスでも、毎月のデータ容量は無駄なく使いたいです。

通話料がお得な、楽天でんわ

「楽天でんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、電話の発信元の番号が通話相手に通知される仕組みになっています。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。要するに、相手先では、電話がかかってきたときの状況が普段と全く同じなのです。IP電話サービスの場合、大半が非通知での発信のみだったり、050番号が通知されたりするので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、通話料の金額に対応した楽天ポイントがもらえるので、非常にお得に利用できます。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始。

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。楽天モバイルは月額850円で、さらに一度の通話が5分以内であれば何回でも無料であるというオプションも登場したのです。5分無料通話は電話回線の使用ですので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。NifMoにも通話かけ放題プランがありますが、発信者番号通知には対応していないことが多いと聞いています。
楽天でんわですと、1分21円の通話料ですから、1回5分以内の通話で月43分以上話す方は必須のオプションですね。

初月は無料は嬉しい

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。ただ、現在契約中のキャリアの支払いや解約手数料もあると思いますので、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。ご利用は計画的に。”

【間もなく終了】キャンペーン

UQモバイルの評判や口コミを解説!

UQモバイルの評判や口コミを解説!

UQモバイルの特色まとめ

UQモバイルは、UQコミュニケーションズの格安スマホサービスで、AU回線を利用したMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。毎月1,980円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。しかも通話料込みの価格ですよ!?UQモバイルの特徴はAUと同じ回線を使っているという点で、通話品質も対応エリア・電波の強さもAUと一緒です。しかもUQモバイルは、無料通話が付いたプランもあるので、魅力倍増です。さてさて、UQモバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。最後まで、お見逃しなく!

AU回線網を使った格安SIM・格安スマホ

UQコミュニケーションズの提供する格安スマホはAU回線を使用しているのです。そのため、通話品質もAUと変わらず、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。UQモバイルの凄さは、AUのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、また新たに機種を購入する必要もありません。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTE対応!

VoLTE対応プランを導入したことでUQモバイルが話題になっています。VoLTEは、普段よりも格段に通話音質が改善され、新規に開発された音声通話サービスです。今までは、300Hz〜3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。つまり、今までと違い、通話が高音質で出来るようになったということです。このVoLTEは、UQモバイルの魅力のひとつと言えます。

翌月繰越に対応

UQモバイルの場合、毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、毎月のデーター使用料が異なる方でも、安心して使用できることはとても嬉しいポイントですね。UQモバイルのサービスの中には、『ターボ機能』というサービスが用意されており、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。不要なデーター量の削減が出来るのは使う側にとってあり難い機能です。

UQコミュニケーションズの格安SIMの料金と初期費用

格安スマホで今話題のUQモバイルの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どれだけ通信費が抑えられるか、参考にしてみてください。ということで、月額プランの詳細を見てみましょう。

UQモバイルの月額プランと初期費用

UQモバイルの料金プランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円です。

UQmobileの解約縛りについて

解約縛りと解約違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMには最低利用期間がありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,500円の支払いが必要となります。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

UQモバイル速度

MVNOがいろいろとある中でUQモバイルは、その速度に定評があります。2015年に行われた「格安SIMアワード」で、通信速度部門の最優秀賞はUQモバイルでした。動画などの重いコンテンツが増えている今、通信速度、それも実効速度が一番重要だと考える人には、ぜひお試しいただきたいのがこのUQモバイル。MVNOや格安スマホがこれからどんなサービスを繰り広げるか、とても期待できますね。

UQモバイルにおける72時間制限

MVNO・キャリアともにそうですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。具体的には3日あたりの通信容量が、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、決められた速度制限が課せられるのです。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。UQモバイルでは、契約プランごとの規定値は規定されていないようで、すべてのプラン共通で、直近3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイル評判について

UQモバイルの魅力を尋ねられたら、通信のスピードが速いことにまず触れなければなりません。ネットでの満足度調査や、周りの口コミでも、通信速度に対する評価は高く、料金プランが少なく、月額にかかる料金の安さでは、多少他のMVNOには劣りますが、通信の高速性を考えれば利用するメリットが十分にある格安SIMだと思います。格安スマホを選択するにあたっては、魅力的な検討対象の一つになるはずです。

口コミでも評価の高い通信スピード

UQモバイルのどこが一番評価できるかと尋ねられたら、MVNOの中では抜群の高速通信ということです。複数のMVNOと契約して利用していますが、その中でもUQモバイルは、高速かつ実行速度を安定しているため、メインでUQモバイルのSIMを利用しています。いろいろと検討している方々に、いちばん通信速度が速いやつはどこのものなのか?お求めの場合は、UQモバイルを是非使ってみてください。ただ、月額料金で比べると他社より高いですが、ハイスピードで快適な利用ができることを考えれば、なかなか悪くないと思います。

期間限定の限定キャンペーンの詳細

Umobileの魅力について!評判や回線速度などを調査

Umobileの魅力について!評判や回線速度などを調査

Umobile速度

MVNOはあまたあれど、Umobileは、 NTTdocomoが提供する262.5Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。

Umobileの帯域制御

MVNOすべてで共通ですが、利用者が公平に利用できるよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。直近72時間でどれだけの通信量を使用すると、速度制限の対象になるかという解説はありませんでした。

Umobileスマホの気になるポイント

MVNOの一つである、Umobileは、動画配信事業で知られる株式会社U-NEXTが運営母体となっています。U-NEXTは昨年、2015年に東証一部上場を果たしており、信頼性の面では申し分なく、まだ若い企業ながら、MYNOの中では絶大な人気を誇っています。 Umobileの最大の特徴は、LTEの高速通信が使い放題ということです。LTE回線をいつでも何処でも使い放題にしたいのならば、Umobile意外には考えられないでしょう。ということで!Umobileをどこよりも分かりやすく解説しました。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomo回線を利用した格安スマホ

Umobileはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、サービスのエリアも広くカバーしており、つながりにくいといった心配は一切ございません。お客様が現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、ほとんど場合でそのまま利用することができます。Umobileで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。docomoのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、UmobileのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、何万もするスマホ本体の代金に悩む必要が無いっていうところが嬉しいですね。docomo回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

LTEが無制限!

Umobileは、LTE使い放題プランという珍しいプランがあり、他業者に同じようなプランがほぼないのが現状なので、Umobileの個性が発揮されている点の1つと言えます。月々に決められた容量の範囲内で通信を行うことにストレスを感じている方にとっては、容量を気にせず利用できるのでとてもありがたいプランだと思います。そうなると心配になるのはお値段ですが、月額の料金も3000円未満の設定としています。他社のプランと比べてみても、2,730円はかなりの低価格に設定されており、使用する期間が長くなればなるほどお得になります。月々の通信量の多さと利用料金の高さに悩んでいた方にとっては、朗報とも言える料金設定ですね。高速な通信を無制限で使いたいユーザーには、ぜひともお勧めしたいのがUmobileの格安スマホです。LTE使い放題プランの詳細は、Umobile公式サイトをご覧ください。

自宅で即日MNPに対応している

Umobileのアピールポイントの1つとして、即日MNP対応可能ということがあげられます。MNP届け出方式という方式を、Umobileは採用しているため、いたって簡単な手続きをするだけで、即時変更が可能となり、通話の出来ない期間がなくMNPが終了します。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、Umobileならばネット環境さえあればどこでも手続き、即日MNPが可能となっています。MNPの際の不通期間がネックで、お忙しい方は乗り換えのメリットが得られないと思われてた方にも安心です。SIMカードが届いたらUmobileの会員ページに訪れて、回線切替ボタンをクリックすれば即日MNPの手続きは終わります。とても簡単にMNPが完了しますし、格安スマホへの乗り換えの障壁が緩和されています。

Umobile月額プラン

Umobileの料金プランや通信速度についてご紹介します。現時点で請求されているスマートフォン利用料金と照らし合わせながら、どれだけ通信費が抑えられるか、手掛かりとしてください。それでは、早速、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの月額プラン

Umobileの月額プランは、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声通話のSIMのLET使い放題2プランとは、利用期間が最低1年間と決められている代わりに、一月あたりの料金がLTE使い放題プランより、毎月250円安い2,730円になるプランです。

Umobileの2年縛りは?

Umobileの解約手数料、契約する前に、把握しておいてください。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。音声通話SIMだと、6ヶ月の間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。6か月以内に契約を解除された際は、契約を違反してしまいますと6,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、7か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

LTE使い放題2プランの解約制限

UmobileにおけるLTE使い放題プランは二つで、12か月の解約制限がある点が、他の契約プラント異なります。まず違約金です。契約日から起算して半年以内に解約をした時には、9,500円前後の料金を支払う事になります。7ヶ月〜12ヶ月目での解約の場合には、3,500円の解約手数料が発生します。解約以外にも、11ヶ月以内のプラン変更にはプラン変更数料として3,500円が請求されます。他のプランとは違う最低利用期間・解約料が設定されている点は、理解しておいてください。ただし、「LTE使い放題2」は12か月の解約制限がある分、月額料金がお得になるプランです。期間内に解約もプラン変更も絶対にしないのであれば、LTE使い放題2はお得なプランなのです。

Umobileの口コミ

Umobileならではの魅力といえば、あの高速通信のLTEが使い放題というプランは大きな魅力です。LTE回線を利用した高速通信サービスが通信制限、速度制限なしに使えるというdocomoのプランは、他社ではあまり見る事はありません。現在契約しているものからLTE使い放題プランに変えることで、毎月のスマホ代が節約出来る可能性も秘めています。

通話SIMなら、毎月400〜600ポイント還元!

人気の動画配信サイト「U-NEXT」で使える、U-NEXTポイントが毎月付与される特典があります。LTE使い放題2プランは、毎月400ポイント。その他のプランは、毎月600ポイント貰えます。「「U-NEXT」では、大抵1作品300円程度で視聴が可能ですので、月に2本ぐらいは、無料視聴出来ることになります。ラインナップも豊富で、映画はもちろんのこと、海外ドラマ、アニメ、成人向けなど幅広いジャンルが揃っています。月額2000円前後で400ポイント以上還元されるというのは、素晴らしいサービスなのではないでしょうか。

Umobileのキャンペーン!!

mineo(マイネオ)の料金や速度などのメリット・デメリットについて

mineo(マイネオ)の料金や速度などのメリット・デメリットについて

通信速度

mineoの通信速度について回線プランを基に、解説していきます。docomo回線を利用したDプランでは最大225MbpsのLTE回線となり、AU回線を利用するAプランでも225MbpsのLTE回線です。最近色んな所で話題になっていますが、やはり混雑時間では、キャリア契約の回線を利用した通信速度は明らかに速いものとなります。混雑する時間帯でも安定して高速通信を使いたいという方には、MVNOではなく、キャリア契約という選択をされたほうが良いでしょう。月々の料金が他社よりも圧倒的に安い訳ですから、総合的に考慮してみても、mineoといった格安スマホは魅力あるサービスでしょう。

mineo Aプランでの速度制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信速度を制限しています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。mineoの場合、各契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値となっているようです。

mineo Dプランにおける通信制限

mineoで用意しているキャリアにおいて、Dプランを選択すると、直近の3日間の通信量に基づく速度規制はありません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、特に毎日の通信量の振れ幅が気になる人なら、AプランよりもこのDプランを選択しておけば、3日制限に掛かる事を気にしなくていいでしょう。このような違いも吟味して、どのプランが良いか比較検討してみましょう。

mineo月額料金と解約

mineoの料金プラン、通信速度などについて紹介します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、通信代がどれくらい安くなるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。ということで、月額プランの詳細を見てみましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの料金プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの最低利用期間について

解約制限と違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。 mineoは利用期間などの制限を設けていないため、解約手数料の発生しないMVNOです。解約金の条件がないのに格安スマホが使えるというのは、とてもおすすめなMVNOです。ただ他が、1年以内に他がよいと思ってMNP転出という場合は、12,420円必要となりますので、通話SIMで契約した場合は、これらが適用されてしまうので注意しておいてください。

mineoの特徴まとめ

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。ドコモ・AU・Softbankといった大手キャリアからの乗り換えならば、月々の携帯代を大幅に節約することができます。毎月の料金が驚きの1,310円という格安スマホサービスのmineo。国内では初めてのマルチキャリア格安スマホサービスであるmineo、docomoプランとAUプランの2種類からプランを選べるので、個人の通信環境に寄り添ったサービスとして人気です。電波のエリアも広く通話の品質も良いのでキャリアと同じような感覚で使えます。さて、それでは、早速、mineoの料金プランの解説から、速度情報・キャンペーン情報まで網羅しました。楽しく、読んで頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUエリアで使える格安SIM!

docomo回線・au回線両者のプランを通じて利用できるのがmineoの特徴です。電話の声の質はドコモやauとほとんど変わらず、利用できる地域もauやdocomoとまったく変わりません。今docomoやAUのスマホをお持ちでしたらそのまま使う事が出来る事も多く、新機種のスマホを買う必要がない場合も多い訳です。高い端末に買い換えることなく、今までの端末が使用できるのでお財布にも優しいですよね。当たり前ですが、mineoが用意しているSIMフリースマホも使うことが出来ます。信頼できる大手キャリアの回線を安価で利用できますし、回線の選択を自分の状況に合わせて、docomoかAUで選んでプランを組む事ができます。キャリアをお選びいただく中で、少し料金が異なるのでその点も比較しながから検討してしてはいかがですか。

VoLTE(ボルテ)プランがある

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、mineo。VoLTEは、今までの通話サービスよりも、よりよい音質で通話できる、最新通話技術のことです。300Hz〜3.4kHzまでの周波数の音しか拾うことが出来なかったこれまでの方式とは違います。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz〜7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。要するに、今までよりも高音質な通話が可能になったということです。VoLTE対応はmineoにとって最大なメリットともいえるのです。

翌月くりこしに対応している

さらに、mineoは、高速通信容量(データ量)の翌月繰越も可能なため、月によってデータ通信量の多寡のある方でも、ならして使えるので気にせず使えていいですよね。

mineoスイッチを活用して通信量を圧縮!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、高速・低速と二種類の通信速度を切替えることができます。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。また、mineoスイッチを使って通信料を節約すれば、安いデータプランでも十分利用できます。倹約家の方にはオススメのスマホです。

マイネオのキャンペーン

IIJmioのキャンペーンや速度などメリット・デメリットまとめ

IIJmioのキャンペーンや速度などメリット・デメリットまとめ

IIJmio評価まとめ

IIJmioの特徴というのは、顧客への手厚いサポートと老舗MVNOとして信頼性がある事です。これは、格安SIM顧客満足度調査で最優秀賞を受賞したことからもこの結果からも多くの人が満足しているということがわかります。ユーザーのサポート体制も電話、オンラインなどが利用でき充実しているため、格安スマホやSIMフリースマホ初心者でも、格安スマホデビューがスムーズに行えるMVNOなので、ぜひ検討してみて下さい。

手厚いサポートと安定した実効速度がヘビーユーザーにも良し

口コミや評判の中で、IIJmioの特徴を見てみると、通信スピードの安定性と親切丁寧なサポートに集中しているようです。格安SIMアワード2015ではユーザーの投票結果により、5部門のうち総合満足度、ブランドイメージ、利用サポートの3部門も最優秀賞を受賞しています。そのためIIJmioは格安スマホを選ぶ時におすすめのMVNOの一つになるでしょう。そして、数多くのMVNOでも、このようなブランド力や信頼性を持っているMVNOはなかなかないと言えます。口コミなどでも高評価を得ているMVNOですので、格安スマホデビューを予定されている方には、おすすめできるMVNOではないでしょうか。

IIJmio料金プランと解約

IIJmioの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、比較しながら読んでいただきたいです。それでは、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

みおふぉんの料金と初期費用

IIJmioの料金プランに関しては、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データSIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

IIJmioの契約縛り

みおふぉんの解約制限について、解説していきます。IIJmioのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。一年以内に解約したい時には、手数料として9,000円を徴収されることになります。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

IIJmioSIMって?

格安SIMと格安スマホの企業である株式会社インターネットイニシアティブのサービス「みおふぉん」の紹介をさせていただきます。この株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆けであり、格安SIMを長く使っている方にとっては、llJmioの名前を聞いたことがある人が多いと思います。この格安SIMサービスは顧客満足度調査である「格安SIMアワード2015」において、総合部門の最優秀賞を獲得するほどの満足度の高いサービスです。受賞できた理由はサポート体制がしっかりしていることや、初期からいいサービスを提供しているイメージなどがあります。さて、IIJmioの評判から速度まで、まとめてみました。IIJmioのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoのネットッワークを利用したお得なスマホ

人気のMVNOである、IIJmioはdocomo通話回線を利用しています。そのため通話している時もdocomo同じ品質で、サービスエリアもdocomoと同様の広範囲エリアで利用できる為、繋がりやすさは抜群です。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をIIJmioでも使う事ができます。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。IIJmio対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、スマホ本体の代金を再度払うことなく、利用できるのは節約にもつながり助かりますね。docomo回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

人気のバースト機能│低速通信時も快適

IIJmioの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。バースト機能とはいったい何かをご説明いたします。低速通信の時の最初の数秒ほどだけ高速通信を利用するというのがバースト機能です。通信をスムーズにする機能となっております。このバースト機能により、低速通信時でもページの表示速度が上がるため、ページの表示が遅いといったイライラが減り、ネットでの情報収集がしやすくなると、 バースト機能はとても便利な機能です。しかし技術的に難しいのか、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルくらいしか実装しているところが見当たらないのですね。

高速通信量のくりこし

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、月によって残ってしまうことって、よくありますよね?ところがIIJmioの場合は、そのデータ容量の余りを持ち越して次の月で使用することができます。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、繰り越しができるという点も、IIJmioの大きなメリットです。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

IIJmioのファミリーシェアなら、SIMカード10枚対応

llJmioを家族でシェアするなら、SIMカードを最大で10枚まで追加することができます。これにより大人数の家族でもIIJmioへ切り替えることで、今お使いのキャリアとの月額料金は比べ物にならないほど安くなるでしょう。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、家計に優しく賢くスマホを使えることでしょう。これを機に、家族の携帯電話料金を見なおしてみてはいかがでしょうか。IIJmioはサポートにも定評があるので、始めて格安スマホを使う人でも電話でサポートが受けられるので安心です。更に、オプションには有害なサイトなどをブロックしてキッズスマホとしても使える「みまもりパック」もあるので子供にも安心して使えます。

IIJmioの通信速度

色々なMVNOがあり、その中でもみおふぉんは、docomoからLTE回線を借りて、最大262.5Mbpsの高速通信サービスを提供しています。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。通信速度についても高速で、かつ非常に高い安定性があり、口コミサイトでの評価にも、かなり人気の高いMVNOであるように見受けられます。通信速度が速いかつ激安価格なスマホをお探しの方になら、IIJmioがピッタリです。

IIJmioにおける帯域制御

みおふぉんは、低速通信の場合、直近の3日間のデータ通信量によっては速度規制がかかってしまうことがあります。ただし、高速データ通信時であればこの制限とは無縁です。多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度制限が行われます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。

IIJmioのキャンペーン

DMMモバイルのキャンペーンのメリット・デメリット

DMMモバイルのキャンペーンのメリット・デメリット

DMMモバイルの通信速度

MVNOと言っても色々な種類がありますが、その中でもDMMモバイルは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。また、通信速度は安定して高速となっており、レビューの評価やコメントを見ても、かなり良い評価を受けているのではないでしょうか。体感速度の早さと料金の安さを同時に追求したいという方にこそ、DMMモバイルを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

DMMモバイルの3日間制限に関して

DMMモバイルの場合、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。それに対して最近の三日間で使った高速通信で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されることはありません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、決められた速度制限が課せられるのです。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。

DMMモバイルの特色

今、MVNOのモバイル通信サービスで注目を集めているDMMモバイルは、動画配信サイトでおなじみ、「DMM.com」が運営する格安SIMサービスです。業界最安値がDMMモバイルの最大の特徴。月額料金をいかに安くするかを気にする方なら、ぜひ選択肢に入れたいMVNOです。格安SIMは通信速度が遅いとも言われていますが、DMMモバイルは通信速度が安定していると評判がよく、快適にインターネットを利用できると評判です。DMMモバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。DMMモバイルの速度や評判・口コミをまとめてみました。話題のDMMモバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使ったお得なスマホ

通信費用がお得なことで有名なDMMモバイルですが、その特長はdocomoの回線を使っているところにあります。docomoの回線はゆうまでもなくの安定性が高いので、それを利用しているDMMモバイルも通話品質は高く、サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままDMMモバイルの端末としてご利用できます。DMMモバイルでもSIMフリーのスマホを扱っていますので購入も可能です。docomoのスマホを持っていればSIMカードのみの契約でDMMmobileを利用する事が出来ますので、スマートフォン本体を購入する必要がなく、今まで使っていたものがそのまま使う事ができるのはとても助かりますね。この様なメリットを勘案すると、DMMモバイルはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

iPhoneが24回払いで買える!

DMMモバイルには、iPhoneシリーズの分割払い購入が可能であるという大きな特徴があります。MVNO事業者の多くは、海外製の格安SIMフリー端末を主に取り扱っており、iPhoneは扱っていない場合が大半というか、ほとんどです。いっぽうDMMモバイルは、最新iPhoneもセットで発売され、MVNO端末としてiPhoneを分割購入したい方は、DMMモバイルはやはり魅力があります。格安スマホも使いたいし、iphoneも使いたいという方は、DMMモバイルをおすすめします。ただし、DMMモバイルのiphoneは在庫がすぐきれてしまうため、在庫があるときは、早めに申し込みをされるといいでしょう。

通信量のくりこしに対応

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。このような時、DMMモバイルなら、データ容量を次の月に持ち越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、この翌月繰越は、多くのユーザーがDMMモバイルを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

自宅で即日MNPにも対応

即日MNPに対応することができるという点は、DMMモバイル最大の魅力の一つとなっています。DMMモバイルでは、MNP届け出方式が利用でき、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、切り替えの間、携帯やスマホが使えなくなることがありません。これまでは、即日のMNPを行う場合には、店舗まで足を運ばなければなりませんでしたが、今では場所を気にせず、転入手続きが可能となっています。サービスが不通になる期間が心配で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?MNP届け出方式の場合はSIMカードが到着したら、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押せば手続きは完了です。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

DMMモバイル契約期間中、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中には、月々、利用額の1割がDMMのポイントとなって還元されるという、キャンペーンが行われています。節約好きの方には朗報ですね。このキャンペーンは、月額基本料金だけでなく、通話料やSMS送信料なども対象となるので、DMM.comの他のサービスを利用し、たとえば動画視聴などをされる方にはもってこいなキャンペーンです。もともと業界最安値を謳っているDMMモバイルの月額料金に、さらなるポイント10%の還元とは、月々の費用的な面から見ると、非常に割のいいMVNOといえます。なかなか節約の難しいスマホ代ですが、DMMモバイルでお得を体感してみませんか?

バースト機能があるので、低速時もより快適な通信

DMMモバイルに採用されている通信技術にバースト転送というものがあります。これから、このバースト機能についてご説明させていただきます。低速通信状態でも最初の少しの間だけ高速通信をすることで、WEBサイトのページを早く表示させる機能なのです。このバースト機能によって、低速通信でもインターネット環境が快適となり、利用時のストレスが少しは緩和され、ページ表示がスムーズに見ることが出来るので、人気の機能となっています。しかしこの便利なバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioのみに搭載されているのが残念です。

DMMモバイルの評価

DMMモバイルをおすすめしたい理由といえば、月額料金が低価格であることと通信速度が早いという事が大きな魅力と言えます。低価格で安定した通信速度で利用したいという方には、ベストな選択肢といえるMVNOでしょう。ネットの口コミでも高評価を得ていますが、この二つを兼ね備えていることにあるようです。

実効速度が速いのがうれしい!

DMMモバイルの口コミやレビューにおいてよく見られるのが、サクサクつながり、しかも安定しているというものが目立ちました。通信料も安く、通信性能も高いので、DMMモバイルは人気を集めているようです。また10%のポイントが還元されることを考え合わせると、料金、スピードの両面を充実させたいなら、おすすめしたい格安スマホになりますね。格安スマホデビューをお考えの皆様に、自信をもってDMMモバイルをおすすめします。

DMMモバイル料金と解約

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれだけ料金が安くできるか、計算しながらご確認ください。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルの月額費用は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

DMMモバイルの解約手数料について

最低利用期間と解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。DMMモバイルの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金の9,000円を支払わなければなりません。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

終了間近の割引キャンペーン情報