格安スマホ

格安スマホ・格安SIMの実効速度比較なら、こちらのサイトがオススメ!

格安SIM速度

カテゴリー: DMMモバイルのキッズスマホ

BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細情報!!!

BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細情報!!!

BIGLOBE SIMの月額プランと解約について

BIGLOBE SIMの月々の値段について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、通信費を安くできるのか読んで下さい。それでは、まずは、BIGLOBE LTEの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

BIGLOBE SIMの料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

違約金

BIGLOBE LTEの解約制限に関して、ご紹介していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、サービス契約解除料8,000円がかかってしまいます。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

BIGLOBE SIMのインターネット速度について

BIGLOBE SIMでの通信は、docomoのLTEという高速回線(375Mbps)を使用しています。速度に関しては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、BIGLOBE SIMの強みとなりそうです。BIGLOBE SIMをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMの通信制限に関して

どのMVNOでもそうですが、誰もが同じように使用できるよう、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、通信速度が規制されていましたが、この忌まわしき直近3日間での通信制限が廃止となりました。BIGLOBE SIMの格安スマホでは、どのくらいデータ量を浪費したか心配する必要はありません。安心してください!

BIGLOBE SIMのチェックポイント

BIGLOBE SIMは、BIGLOBEの格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。BIGLOBE LTEはNTTドコモから回線を借りているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。BIGLOBE SIM特有のサービスとしてエンタメフリーというオプションがあります。このエンタメフリーで動画や音楽などストリーミングサービスで通信量を消費することなく使えるのです。YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema Musicなど無制限で使えるのでとても便利です。という背景から、BIGLOBE SIMのすべてを網羅したまとめになりますので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomoエリアで使えるBIGLOBEの格安スマホ!

BIGLOBE LTEの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、BIGLOBE LTEはセットでの販売も用意しています。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけでBIGLOBE LTEと契約することができ、無駄に端末代金を支払う必要もないので嬉しいかぎりですね。要するに、安心感のあるドコモ回線のスマホがお得な料金で使えるようになるサービスがBIGLOBE LTEなのです。

セット端末がありすぎて困る

現在所持されている端末が、BIGLOBE LTEに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、対応する端末を購入する必要があります。BIGLOBE LTEで購入可能な端末は、BIGLOBE LTEの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。

あまったデータ通信量の翌月繰り越し対応してます。

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。BIGLOBEスマホであれば、残ったデータ転送量や容量を翌月分に計上して使用することができます。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるBIGLOBE LTEは魅力的です。通信量を余らすともったいないので、余らせた分を次の月に繰り越して使えるのはとてもいいサービスです。

電話代が半額で番号通知可能なBIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」とは、BIGLOBEグループ傘下のBIGLOBE LTEが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、IP電話ということが分かってしまい、使いづらい部分がありましたが、BIGLOBEでんわではその心配はありません!電話カケ放題のオプションも始まりました。

3分カケホーダイ

携帯電話の大手キャリアであるsoftbank、au、docomoでは、通話時間の長短に関わらず一定の金額で通話を楽しめるプランがありますが、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。BIGLOBE LTEでは、国内通話が最初の3分間は何回でも無料というを、月々650円の料金で提供開始です。こちらのは電話回線を利用しており、IP電話などとは違い、BIGLOBEでんわなどと仕様は変わらず発信者番号通知にも対応していますので、通常の電話と同様に通話し放題となるのが大きな特徴です。BIGLOBEでんわの通話料は1分あたり21.6円なので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのですね。

最大60分の通話が無料!通話パック60の魅力

BIGLOBE LTEには別途月額650円のお支払いが必要であり、オプションには、通話パック60が用意してあります。具体的には1200円分の無料通話を月額650円で利用できるというものです。通話を3分以上することがない!という方の場合は、「3分かけ放題」がお勧めですが、たまに話が長くなり長電話になるという人には、通話パック60の方が絶対に使い勝手が良いです。オプションを選べるのは楽しいですね。自分に合ったプランを探してみては

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

BIGLOBE SIMでSIMの新規契約をした場合、初めの1カ月については料金が発生しません。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

締切間近の限定キャンペーン!!

DMMモバイルのキャンペーンのメリット・デメリット

DMMモバイルのキャンペーンのメリット・デメリット

DMMモバイルの通信速度

MVNOと言っても色々な種類がありますが、その中でもDMMモバイルは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。また、通信速度は安定して高速となっており、レビューの評価やコメントを見ても、かなり良い評価を受けているのではないでしょうか。体感速度の早さと料金の安さを同時に追求したいという方にこそ、DMMモバイルを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

DMMモバイルの3日間制限に関して

DMMモバイルの場合、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。それに対して最近の三日間で使った高速通信で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されることはありません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、決められた速度制限が課せられるのです。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。

DMMモバイルの特色

今、MVNOのモバイル通信サービスで注目を集めているDMMモバイルは、動画配信サイトでおなじみ、「DMM.com」が運営する格安SIMサービスです。業界最安値がDMMモバイルの最大の特徴。月額料金をいかに安くするかを気にする方なら、ぜひ選択肢に入れたいMVNOです。格安SIMは通信速度が遅いとも言われていますが、DMMモバイルは通信速度が安定していると評判がよく、快適にインターネットを利用できると評判です。DMMモバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。DMMモバイルの速度や評判・口コミをまとめてみました。話題のDMMモバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使ったお得なスマホ

通信費用がお得なことで有名なDMMモバイルですが、その特長はdocomoの回線を使っているところにあります。docomoの回線はゆうまでもなくの安定性が高いので、それを利用しているDMMモバイルも通話品質は高く、サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままDMMモバイルの端末としてご利用できます。DMMモバイルでもSIMフリーのスマホを扱っていますので購入も可能です。docomoのスマホを持っていればSIMカードのみの契約でDMMmobileを利用する事が出来ますので、スマートフォン本体を購入する必要がなく、今まで使っていたものがそのまま使う事ができるのはとても助かりますね。この様なメリットを勘案すると、DMMモバイルはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

iPhoneが24回払いで買える!

DMMモバイルには、iPhoneシリーズの分割払い購入が可能であるという大きな特徴があります。MVNO事業者の多くは、海外製の格安SIMフリー端末を主に取り扱っており、iPhoneは扱っていない場合が大半というか、ほとんどです。いっぽうDMMモバイルは、最新iPhoneもセットで発売され、MVNO端末としてiPhoneを分割購入したい方は、DMMモバイルはやはり魅力があります。格安スマホも使いたいし、iphoneも使いたいという方は、DMMモバイルをおすすめします。ただし、DMMモバイルのiphoneは在庫がすぐきれてしまうため、在庫があるときは、早めに申し込みをされるといいでしょう。

通信量のくりこしに対応

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。このような時、DMMモバイルなら、データ容量を次の月に持ち越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、この翌月繰越は、多くのユーザーがDMMモバイルを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

自宅で即日MNPにも対応

即日MNPに対応することができるという点は、DMMモバイル最大の魅力の一つとなっています。DMMモバイルでは、MNP届け出方式が利用でき、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、切り替えの間、携帯やスマホが使えなくなることがありません。これまでは、即日のMNPを行う場合には、店舗まで足を運ばなければなりませんでしたが、今では場所を気にせず、転入手続きが可能となっています。サービスが不通になる期間が心配で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?MNP届け出方式の場合はSIMカードが到着したら、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押せば手続きは完了です。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

DMMモバイル契約期間中、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中には、月々、利用額の1割がDMMのポイントとなって還元されるという、キャンペーンが行われています。節約好きの方には朗報ですね。このキャンペーンは、月額基本料金だけでなく、通話料やSMS送信料なども対象となるので、DMM.comの他のサービスを利用し、たとえば動画視聴などをされる方にはもってこいなキャンペーンです。もともと業界最安値を謳っているDMMモバイルの月額料金に、さらなるポイント10%の還元とは、月々の費用的な面から見ると、非常に割のいいMVNOといえます。なかなか節約の難しいスマホ代ですが、DMMモバイルでお得を体感してみませんか?

バースト機能があるので、低速時もより快適な通信

DMMモバイルに採用されている通信技術にバースト転送というものがあります。これから、このバースト機能についてご説明させていただきます。低速通信状態でも最初の少しの間だけ高速通信をすることで、WEBサイトのページを早く表示させる機能なのです。このバースト機能によって、低速通信でもインターネット環境が快適となり、利用時のストレスが少しは緩和され、ページ表示がスムーズに見ることが出来るので、人気の機能となっています。しかしこの便利なバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioのみに搭載されているのが残念です。

DMMモバイルの評価

DMMモバイルをおすすめしたい理由といえば、月額料金が低価格であることと通信速度が早いという事が大きな魅力と言えます。低価格で安定した通信速度で利用したいという方には、ベストな選択肢といえるMVNOでしょう。ネットの口コミでも高評価を得ていますが、この二つを兼ね備えていることにあるようです。

実効速度が速いのがうれしい!

DMMモバイルの口コミやレビューにおいてよく見られるのが、サクサクつながり、しかも安定しているというものが目立ちました。通信料も安く、通信性能も高いので、DMMモバイルは人気を集めているようです。また10%のポイントが還元されることを考え合わせると、料金、スピードの両面を充実させたいなら、おすすめしたい格安スマホになりますね。格安スマホデビューをお考えの皆様に、自信をもってDMMモバイルをおすすめします。

DMMモバイル料金と解約

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれだけ料金が安くできるか、計算しながらご確認ください。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルの月額費用は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

DMMモバイルの解約手数料について

最低利用期間と解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。DMMモバイルの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金の9,000円を支払わなければなりません。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

終了間近の割引キャンペーン情報