カテゴリー: 楽天モバイルのキッズスマホ

格安スマホを完全解説!楽天モバイルの評判口コミまとめ

格安スマホを完全解説!楽天モバイルの評判口コミまとめ

楽天の格安スマホの月額料金と解約

楽天モバイルの料金プランはどういうものなのかご紹介していきます。今のスマホの月々の料金と比べながら、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。さて、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる262.5Mbpsのプランです。楽天モバイルで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

2年縛りは?

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、手数料として9800円払わなければなりません。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

速度について

楽天モバイルでは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。スピードについては、docomoの回線なら、安心の速度と信頼できますね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの72時間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしていました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定された容量をオーバーした利用者に対して、今までより遅い低速通信に制限されていたのですが、この忌まわしき72時間制限が廃止となりました。つまり、楽天モバイルには、直近72時間のデータ通信量を気にかける必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。現在非常に人気があるのは、月々1250円で使えるスマホです。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoエリア対応の格安SIM・格安スマホ

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモの多くのスマートフォンは、そのまま楽天モバイルの端末としてご利用いただけます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。楽天モバイルは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

格安スマホの機種が豊富で嬉しい

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルで購入可能なスマートフォンは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ唯一の欠点として、端末代金を分割払いにするときには楽天カードが必要となることです。本体の購入のときに楽天カードがないと、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

容量の翌月繰越しにも対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。そんな時もおまかせなのが楽天モバイルでありまして、
次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。価格の安いサービスでも、毎月のデータ容量は無駄なく使いたいです。

通話料がお得な、楽天でんわ

「楽天でんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、電話の発信元の番号が通話相手に通知される仕組みになっています。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。要するに、相手先では、電話がかかってきたときの状況が普段と全く同じなのです。IP電話サービスの場合、大半が非通知での発信のみだったり、050番号が通知されたりするので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、通話料の金額に対応した楽天ポイントがもらえるので、非常にお得に利用できます。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始。

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。楽天モバイルは月額850円で、さらに一度の通話が5分以内であれば何回でも無料であるというオプションも登場したのです。5分無料通話は電話回線の使用ですので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。NifMoにも通話かけ放題プランがありますが、発信者番号通知には対応していないことが多いと聞いています。
楽天でんわですと、1分21円の通話料ですから、1回5分以内の通話で月43分以上話す方は必須のオプションですね。

初月は無料は嬉しい

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。ただ、現在契約中のキャリアの支払いや解約手数料もあると思いますので、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。ご利用は計画的に。”

【間もなく終了】キャンペーン